竹久夢二

たけひさゆめじ
日本画家 浮世絵師・版画家 1884(明治17) - 1934(昭和9)

コマ絵や雑誌の表紙挿絵で頭角を現し、明治40年、読売新聞社に入社し時事スケッチを掲載。藤島武二や鏑木清方の影響を受ける。最初の夫人をモデルにした眼の大きな夢二式美人は、独自の憂愁と情緒をたたえ評判となる。流動的なS字構成によるスタイルも確立する。昭和5年頃からは浪漫情緒の濃い幻想的な作風となる。昭和6年に渡米、ヨーロッパを廻る。

竹久夢二「黒船屋」 (竹久夢二伊香保記念館)
竹久夢二「黒船屋」 (竹久夢二伊香保記念館)
竹久夢二作品の査定のポイント

その作家それぞれに評価額が決まるポイントがあります。

【状態】Q:作品がぼろぼろです。直してから出したほうが評価は上がりますか?

竹久夢二作品に限らず、美術品を評価するうえで状態はとても重要です。ヤケやシミ、破れなどがある場合はその分評価が下がってしまいます。ただ、表装や額が傷んでいても、絵柄自体の評価はほとんど変わりませんので、ご自分で直さず、そのままお持ちください。

【サイズ】Q:作品は大きければ大きいほど評価額も高くなりますか?

よく号あたりいくらという美術関係の本がありますが、「号あたり」価格は売買の実態とは遠く離れているのが実態です。また、大きさと価格についてですが、すべて比例するわけではなく、4号以下のもの(1号やS.M.など)などは割高傾向にあり、また、極端に大きなものは反比例することすらあります。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?

夢二の場合、美術商の協同組合「東京美術倶楽部」で鑑定・登録を行っています。弊社では鑑定書取得の代行もいたしますので、お気軽にご相談ください。

【共箱、共シール】Q:作品が入っている箱は評価に影響しますか?

共箱、共シールは竹久夢二作品を高く評価する上で重要な要素です。共箱とは掛軸の箱に作家自身が作家名、タイトルを書いたものです。共シールは、作家のサインと作品名が記されるとともに印が押されたシールで、額の後ろに貼られています。いずれも作家自身がその作品の制作を認めたしるしとして、真贋を見極める際、大変重要です。

竹久夢二作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
竹久夢二の作品例一覧
竹久夢二の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名竹久夢二
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×