川端玉章

かわばたぎょくしょう
日本画家 1842(天保13) - 1913(大正2)

本名滝之助。父は蒔絵師で、父に蒔絵を習い、三井家への奉公ののち、嘉永5年中島来章に師事、円山派を学び、また小田海僊に指導を仰ぐ。 慶応2年江戸に出、下絵描きなどのかたわら高橋由一に油絵を習う。明治10年第1回内国勧業博覧会、14年第2回内国勧業博覧会で褒状を受け、15年内国絵画共進会で銅印、17年に銅賞を受賞、21年皇居造営で杉戸絵を制作、その後も内国勧業博覧会で受賞を重ねるなど活躍を続け、29年帝室技芸員となる。 この間、明治11年画塾天真堂(天真社)を開設、円山派を東都に伝え、21年開校した東京美術学校に招かれ、23年教授となる。 明治40年に開設された文展では第1回から審査員を務める。42年東京小石川に川端画学校を開校、実技教育に大きく貢献する。45年東京美術学校を退職。円山派最後の巨匠として花鳥、山水に秀作を残す。

川端玉章「山水図」
川端玉章「山水図」
川端玉章の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名川端玉章
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×