松林桂月

まつばやしけいげつ
日本画家 1876(明治9) - 1963(昭和38)

日本画家。本名篤。字は子敬。香外、玉江漁人とも号す。野口幽谷に師事、南画を学ぶ。明治35年、環翠会画塾を設立。昭和7年に帝国美術院会員となる。同14年、ニューヨーク万国博覧会に『春宵花影』を出品し、以降新文展に出品を重ねる。 朧月夜の桜を墨一色で描くなど、写実的画風の秀作を多く残す。その後、日本南画院をはじめ、白寿会、無名会などを結成、近代南画界の重鎮として活躍。その振興に多大な貢献をした。 昭和19年に帝室技芸員、33年に文化勲章を受章。36年萩市名誉市民となる。

秋山青楓
秋山青楓
松林桂月の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名松林桂月
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×