下村観山

しもむらかんざん
日本画家 1873(明治6) - 1930(昭和5)

本名晴三郎。和歌山市に生まれ、明治14年家族とともに東京に移住、15年狩野芳崖に入門、19年芳崖の紹介で橋本雅邦に師事する。22年東京美術学校の開校とともに 日本画科 に入学、同級に横山大観、西郷孤月らがいた。27年東京美術学校第二回生として孤月らとともに卒業、同校助教授となるが、31年辞職させられた東京美術学校校長岡倉天心に殉じて雅邦、大観、菱田春草らとともに連快辞職、天心を助け雅邦、大観らとともに日本美術院の創立に参加、正員となる。明治34年東京美術学校に教授として復職、36年には美校から初めての文部省留学生としてイギリス留学する。確かな技巧、深い東洋画への洞察による高純な名品の数々を残した。

下村観山「仏誕」
下村観山「仏誕」
下村観山作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
下村観山の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名下村観山
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×