堅山南風

かたやまなんぷう
日本画家 1887(明治20) - 1980(昭和55)

苦学しながら絵画への関心を深め、23歳の時同郷の日本画家山中神風に連れられ上京、高橋広湖の門下生となる。大正2年、第7回文展に出展した『霜月頃』が横山大観の強い押しを得、事実上最優秀賞となる2等に入選。終生の師・大観によって再興された日本美術院に出展・入選を重ね、大正13年、同院同人となる。スランプを乗り越え、肖像画連作で独自の画境を深めるなど、伝統の枠にはまることなく常に新しさを求め続けた。晩年も創作意欲は衰えることなく、数々の名作を残した。昭和38年文化功労者。43年文化勲章受章。

桃
堅山南風作品の所定鑑定人・鑑定機関
 堅山寿子
堅山南風の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名堅山南風
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×