西郷弧月

さいごうこげつ
日本画家 1873(明治6) - 1912(大正元)

父は旧松本藩士。幼少のころ東京に移住、明治19年東京英語学校に三年間通い、21年に狩野友信の指導を受ける。 22年開校した東京美術学校に横山大観、下村観山らとともに入学、27年第二期生として同校絵画科を卒業、研究科に進級、在学中から橋本雅邦に認められ、 29年に修了すると助教授に抜擢される。31年日本美術院の創立に正員として参加、狩野派の基礎の上に近代的な表現に熱心に取り組み、大観、春草らとともに朦朧体(もうろうたい)を進める。35年画壇から消息を絶ち、郷里信州、関西、九州と放浪の旅を続け、45年台湾に渡り『台湾風景図』を制作するが、台北で病気を得て帰国、大正元年8月、東京市本郷区の弟の家で急逝。享年38。

春暖(東京藝術大学蔵)
春暖(東京藝術大学蔵)
西郷弧月の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名西郷弧月
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×