入江波光

いりえはこう
日本画家 1877(明治20) - 1948(昭和23)

四条派の森本東閣に師事、「波光」の号を受ける。1901年京都市立美術工芸学佼(現・京都市立芸術大学)に入学、その後東京帝室博物館などで古画の模写と仏画研究に携わる。1918年に京都の新進画家たちによって結成された国画創作協会には出品を続けたが、1928年の同会解散後は画檀を離れた。1936年京都市立絵画専門学佼教授となり後進の指導にあたる。晩年は、文部省の依嘱を受けた法隆寺金堂壁画の模写に精魂を傾けるとともに、水墨画の佳品を残した。

猿猴(部分)
猿猴(部分)
入江波光の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名入江波光
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×