下保昭

かほあきら
日本画家 1927(昭和2) -

1949年西山翠嶂に師事。1950年、第6回日展に初入選以後、数々の賞を受賞。1969年、日展評議員。1988年日展を脱退。自然界のエネルギーと東洋的な無常観を表現する独自の水墨画に定評があり、日本を代表する作家として現在注目を集める。 近年は中国で日本人初の個展を成功させた。

立山凍月
立山凍月
下保昭の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名下保昭
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×