小林古径

こばやしこけい
日本画家 1883(明治16) - 1957(昭和32)

本名茂。15歳の頃青木香葩に日本画を学ぶ。翌32年上京して梶田半古に師事、のち塾頭格として前田青邨や奥村土牛らの指導にあたる。この年の日本絵画協会と日本美術院の連合絵画共進会に初入選、その後もこの定期展に毎回のように受賞する。40年巽画会会員となり、 43年紅児会に参加する。大正3年青邨、大智勝観とともに日本美術院同人となる。11年青邨とともに日本美術院留学生として渡欧、ロンドン・大英博物館で中国・初唐の『女史箴図巻』の模写に従事し、翌年帰国する。清明で簡潔な格調高い作品、新古典主義とよばれる画風によって近代日本画の歴史に古径芸術という輝かしい一章を刻んだ。昭和25年文化勲章を受章、翌26年文化功労者となる。

小林古径「木菟」(大倉集古館蔵)
小林古径「木菟」(大倉集古館蔵)
小林古径作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
小林古径の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小林古径
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×