橋本雅邦

はしもとがほう
日本画家 1835(天保6) - 1908(明治41)

幼名千太郎。父は浜田藩主松平周防守の御用絵師で狩野派の画家橋本晴園。父に手ほどきを受け、11歳で狩野雅信に師事、狩野芳崖も同日入門する。22歳ごろ塾頭となり、芳崖、狩野勝玉、木村立嶽とともに雅信門下の四天王と称される。26歳で独立するが、幕末の混乱期を迎え絵の注文も少なくなり扇面画などの内職で家族を養う。慶応2年国替えにより川越に赴き、明治4年36歳で廃藩置県のため禄を失い兵部省に出仕、地図製作の公務のかたわら狩野芳崖とともに画作、研鑽を積む。22年に開校した東京美術学校の絵画科教諭となり、23年同校絵画科教授となる。以後明治日本画壇の中心にあって近代日本画を代表する画家として活躍、よき指導者として横山大観、菱田春草、下村観山、川合玉堂ら錚々たる画家を輩出する。

橋本雅邦「龍虎図屏風」
橋本雅邦「龍虎図屏風」
橋本雅邦作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
橋本雅邦の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名橋本雅邦
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×