松岡映丘

まつおかえいきゅう
日本画家 1881(明治14) - 1938(昭和13)

本名輝夫。生家は代々医家で、兄は国文学者井上通泰、民俗学者柳田国男、言語学者松岡静雄。明治28年学業のかたわら橋本雅邦の指導を受けるが、30年山名貫義に入門、本格的に大和絵を学ぶ。 32年東京美術学校日本画科に入学、33年歴史風俗画会の結成に在学生を代表して参加、37年同校を主席で卒業する。在学中兄通泰から映丘の雅号をつけてもらう。40年川合玉堂の教えを受け、41年母校東京美術学校の助教授となる。大和絵の伝統を近代によみがえらせ多くの名作を残した。

伊香保の沼
伊香保の沼
松岡映丘の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名松岡映丘
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×