社長 田中千秋
冨田溪仙作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で冨田溪仙買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし冨田溪仙の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

冨田溪仙

とみたけいせん
日本画家(明治以降) 1879(明治12) - 1936(昭和11)

明治から昭和初期に活躍した日本画家。富田渓仙とも。福岡市に生まれる。本名は鎮五郎(しげごろう)。初め衣笠探谷に狩野派を学び、明治30年、都路華香に入門し四条派を学ぶ。初期の作品は四条派から始まり、南画の中に洋風を取り込み、自己流にデフォルメされた形や色彩で自由奔放なタッチを用いて風景・花鳥・静物・仏画・禅画などいかなるモチーフも描き分けた。仙厓義梵・池大雅・与謝蕪村の作品を研究する。仏画・中国画・キリスト教を学び、老子思想・俳句にも通じた。大正3年、日本美術院に出品する。横山大観に認められ、大正4年、日本美術院同人。昭和10年、帝国美術院会員となる。

冨田溪仙「四季花果圖」
冨田溪仙「四季花果圖」

冨田溪仙の作品例一覧

冨田溪仙の査定・お問い合わせ

冨田溪仙の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00