池大雅

いけのたいが
書画作家 1723(享保8) - 1776(安永5)

江戸中期の文人画家。幼名は又次郎。名は勤。字は公敏・貨成(かせい)。号には大雅・霞樵(かしょう)などがある。6歳で香月茅庵に漢文の素読、7歳で清光院一井に書道を学ぶ。4歳で父親を亡くし、母子家庭であったが、幼い頃から書に優れ、神童と称され、15歳の時にはすでに扇子に絵を描いて生計を立てる。中国文人調の書画を好み、中国南宗画の技法を学び、20代から30代にかけては、数ヶ月にわたる旅において自然から学ぶ。また日本の伝統的画法や西洋画の技法までを採り入れて、独自の画法を確立した。

児島湾真景図(細見美術財団蔵)
児島湾真景図(細見美術財団蔵)
池大雅の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名池大雅
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×