渡辺崋山

わたなべかざん
書画作家 1793(寛政5) - 1841(天保12)

江戸時代後期の画家・政治家。三河国田原藩三宅侯の家臣渡辺定通の長男として、江戸半蔵門外藩邸に生まれる。通称登(のぼり)。幼少のころから赤貧の家計を助けるため画の修行を始めた。のち谷文晁に師事し写生派画家として大成する一方、西洋画の陰影法を用いて写実的な肖像画を描くことに成功した。「鷹見泉石像」・「佐藤一斎像」などはその名作である。藩の家老としては、天保の飢饉の際、食料対策に「報民倉」を設け餓死者を一人も出さなかったなど、施政者としても有能な面を見せている。 また、1833年(天保4)に日本の海防の強化を目的とする尚歯会が高野長英・小関三英らによって結成され、これに参加する。同会は多くの蘭学者を集めた秘密結社であったが、1839年幕府に処罰され蛮社の獄(蘭学者への弾圧事件)に発展し、崋山は田原に蟄居を命じられた。崋山は「慎機論」で幕府の海防政策を批判していた。その後蟄居中、生活のため絵を売っていたことが不謹慎と非難されたため、その累が藩主に及ぶのを恐れ、田原で自殺した。

孔子像(田原町蔵) 
孔子像(田原町蔵) 
渡辺崋山の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名渡辺崋山
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×