尾形乾山

おがたけんざん
書画作家 1663(寛文3) - 1743(寛保3)

江戸中期の陶工・絵師。京都の裕福な呉服商の三男で尾形光琳の実弟。父宗謙に書を、兄光琳に絵画を学び、野々村仁清に陶法を学ぶ。 37歳の時(1699・元禄12年)京都の西北(乾=いぬいの方角)の鳴滝に開窯し、乾山と号した。 初期の作品は兄光琳が絵を描き、乾山が賛を書した合作が多い。 1712年(正徳2)二条丁字屋町に移住し多くの作品を手がけた。乾山は兄の死後も30年近く生き、晩年は江戸に移住、81歳で没するまで陶器や絵画の制作に手腕を発揮した。

尾形乾山「絵変角皿」
尾形乾山「絵変角皿」
尾形乾山の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名尾形乾山
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×