酒井抱一

さかいほういつ
書画作家 1761(宝暦11) - 1828(文政11)

姫路城主酒井忠迎の次男として江戸に生まれる。若い時より能、茶、俳諧を嗜み一流の文化人として成長し、画は狩野派、南蘋派、円山派など広く研究した。1797年(寛政9)に出家し抱一と称す。寛政期半ばより尾形光琳を知りその画風に傾倒、模写などによってその装飾的表現を学んだ。光琳とは異なる抱一の特徴は、俳諧的な情緒感・詩情性であり、抱一を祖として始められた「江戸琳派」の特徴となった。

秋夏草図屏風
秋夏草図屏風
酒井抱一の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名酒井抱一
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×