社長 田中千秋
熊代熊斐作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で熊代熊斐買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし熊代熊斐の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

熊代熊斐

くましろゆうひ 
絵師など(江戸まで) 1712(正徳2)  - 1773(安永元) 

長崎生まれの絵師。熊(ゆう)が中国姓で、斐(ひ)が諱(いみな)、字は淇瞻(きせん)、号に繡江(しゅうこう)。当時唐通事と呼ばれた中国語の通訳である神代(くましろ)右衛門の養子となる。21歳で内通事小頭見習となる。画技は、はじめ唐絵目利御用絵師である渡辺秀石の門で学んだ。その後、享保17年から1年あまり長崎に滞在中の沈南蘋に直接師事。続いて来日した南蘋の弟子である高乾にも教えを受けた。日本人として南蘋の唯一の直弟子となり、その後南蘋流の彩色花鳥画の第一人者として宋紫石、鶴亭、森蘭斎等多くの弟子を育てる。安永元年、永眠。享年80歳。彼は精緻で華麗な花鳥画を描いた画家であった。動植物にはそれぞれ中国由来の吉祥的な寓意が込められている。その後、熊斐から発信された写実的画法は円山応挙や与謝蕪村、伊藤若冲、また宋紫石を経て、江戸の司馬江漢や酒井抱一、葛飾北斎など、日本の絵画界に一大旋風を起こし、のちに南蘋派と呼ばれるまでに広まった。

熊代熊斐の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名熊代熊斐
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×