社長 田中千秋
久隅守景作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で久隅守景買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし久隅守景の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

久隅守景

くすみもりかげ
絵師など(江戸まで) 不詳 - 不詳

寛永年間から元禄年間(1630年代-90年代)にわたって活躍した絵師。通称を半兵衛といい、無下斎、無礙斎、一陳翁、捧印と号した。久隅守景は鶴沢探山、桃田柳栄、神足常庵らと共に探幽門下の四天王と称せられる高弟であった。狩野狩野探幽の姪である国(くに)と結婚するが、破門されたと伝えられている。1641年に狩野尚信、信政と共に知恩院小方丈下段之間の襖絵を制作。翌年探幽に率いられ尚信、信政らと聖衆来迎寺客殿障壁画制作に携わる。守景は何らかの理由で江戸を離れ、6年間程加賀に滞在したと伝える後年の資料がある。この守景の加賀行きと関連して、富山県高岡市の瑞竜寺には守景の水墨襖絵八面を描く。1672年、息子の彦十郎が狩野家から破門され、さらに罪を得て佐渡へ流される。代表作として国宝「納涼図屏風」(東京国立博物館蔵)がある。

 

 

久隅守景の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名久隅守景
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×