円山応挙

まるやまおうきょ
書画作家 1733(享保18) - 1795(寛政7)

江戸中期の画家。円山派の始祖。夏雲、雪汀、懐雲、仙嶺、洛陽山人、鴨水漁夫などの別号がある。丹波国の農家に生まれ、京都に出て初め狩野派の石田幽汀に学び、かたわら眼鏡絵を描いて西洋画法を習得、さらに渡辺始興の影響を受け、30歳代初め写実主義の新進画家として登場。このころの作品に《淀川両岸図巻》《難福図巻》がある。40歳代には写生画法と装飾画法を総合、合理的な対象把握(はあく)を骨格とした優雅な品格をもつ装飾画風を確立し、《雨竹風竹図□風》《藤花図□風》などを制作。晩年には《雪松図□風》や大乗寺・金剛寺・金刀比羅宮等の障壁画、および絶筆《保津川図□風》などの大作を残した。応挙画の洗練された様式美と合理性は京都の町民層を中心に圧倒的な支持を集め、京都の画格は一変するに至った。門下に多数の画家が集まり円山派が形成された。

円山応挙「孔雀図」
円山応挙「孔雀図」
円山応挙の作品例一覧
円山応挙の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名円山応挙
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×