本阿弥光悦

ほんあみこうえつ
書画作家 1558(永禄元) - 1637(寛永14)

室町より続く京都の上層町衆本阿弥家に生まれる。本阿弥家は刀剣の鑑定、研磨などを家業とし、教養を持つ文化人として書や作陶、蒔絵の諸技に通じた。「寛永の三筆」として名高く、肥痩の差が著しい装飾的な書を特色とし、宗達との合作においても見事に発揮されている。工芸のデザイン、茶碗などの楽焼にも才能を示し、中でも蒔絵作品の奇抜さは光悦の強いデザイン志向を物語っている。また今日ではアートコーディネーター、ディレクターとしての仕事が見直されている。58歳の時に徳川家康より鷹ヶ峰の地を拝領し、制作の拠点となる芸術家村を築いた。

舟橋蒔絵硯箱
舟橋蒔絵硯箱
本阿弥光悦の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名本阿弥光悦
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×