与謝蕪村

よさぶそん
書画作家 1716(享保元) - 1783(天明3)

幼少の頃は不明であるが、二十歳前後に江戸へ出て、俳人として活躍を始める。諸国を巡遊し、晩年京都に移り住む。画が大成し、画家としての充実を迎えるのは六十三歳前後といわれる。即興的で軽妙な俳画に独自の領域を開拓するとともに、山水では彩色の美しさが洗練される。その画の完成は最晩年、美しい墨色の獲得にあり、白と黒のコントラスト、とりわけ夜の夜気、冷気までを伝える描写は、南画、俳画に区別されるべき蕪村の絵画様式である。また根底に、老荘思想、道教への強い傾倒があったことが指摘されている。

与謝蕪村「夜色楼台図」
与謝蕪村「夜色楼台図」
与謝蕪村の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名与謝蕪村
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×