買取鑑定会のお知らせ

新潟福島鑑定会

買取鑑定会 in 新潟テルサ(2024/6/22-23)
買取鑑定会 in ビッグパレットふくしま(2024/7/6-7)
買取鑑定会 in 福井県国際交流会館(2024/8/31-9/1)
決定次第随時更新していきます。


絵画骨董買取プロ・東京銀座秋華洞 美術品の鑑定お任せ下さい

PC用画像 スマホ用画像

取扱品目

当店で主に買取しているものです。お気軽にご相談下さい。

絵画・骨董の買取ならおまかせ下さい

大切な美術品を売却するにあたっては、本当に専門知識がある上に、絵画・骨董・古美術などの美術品を何より大事にする意識が高いお店でお売りになることが大事です。

弊社では、長年の経験を積み、広く美術業界でも知られた専門家が多数在籍しており、Youtube「買取日記」などでも精力的に発信しています。

秋華洞の田中家は戦前より80年以上、古書・美術の仕事を営んでおり、全国で最大手の勢力となっています。
テレビなどのメディアへの露出も多いですが、なにより美術への深い愛情を知っていただきたいと願っています。

代表鑑定士

絵画・骨董など美術品の買取相場について

絵画・骨董の買取相場の一部をお伝えします。美術品の価格は作家・大きさ・図柄が大きなファクターですが、その他、その時点での人気度でもかなり変わります。
古いものほど価格が安定する傾向があり、現代に近いものほど価格の高低が変わりやすいですが、絶対の法則はありません。
また、作品そのもののコンディションは評価を左右することがあります。
むろん、真贋についての判断が大前提としてあります。

草間彌生:買取相場 アクリル 5000万円から1億以上(大きさによる) 版画 100万くらいから1000万くらい
東山魁夷:日本画 500万から5000万くらい 版画 5万から20万
棟方志功:板画10万から500万 倭絵 30万から500万 油彩 数十万
板谷波山:100万から5000万
北斎:富嶽シリーズ 200万から1億くらい 春画 10万から100万くらい
藤田嗣治:油彩 1000万から5000万くらい 水彩・デッサン 100万から1000万くらい
千住博 日本画:200万から2000万くらい 版画:50から100万くらい

絵画骨董買取プロ@銀座 YOUTUBEチャンネル

美術・絵画骨董買取の最新情報をお届けします

YouTubeビデオを再生
秋華洞の会社紹介
YouTubeビデオを再生
鑑定会の紹介
美術アドバイザー金子

買取の流れ

【1】お問い合わせ

フリーダイヤル、無料買取査定フォームLINE査定より、お気軽にお問い合わせください。

【2】お見積もり

いただいた絵画・美術品の情報から、おおよその査定額をお伝えいたします。

【3】買取方法の選択

来店買取、出張買取、宅配買取のいずれかをお選びください。

実際に拝見して正確なお見積もりの買い取り価格をお伝えいたします。

【4】買取成立!

金額にご納得いただけたら、買取成立です。

その場で現金でお支払いいたします。

宅配の場合は、お振り込みいたします。

絵画・骨董・美術品の選べる買取方法3つ

代表の田中と著書の紹介

秋華洞 代表取締役社長 田中千秋
昭和40年京都生。東京大学文学部心理学科卒。映画製作、農業、SEを経て家業の美術商となる。京都・思文閣美術の創業者・田中新を祖父、同社元副社長の田中自知郎(京大)を父とする。日本の美術を世界に広める事を通して、世界がよくなることを目標としている。美術業界で東大は珍しいが、東大でも美術の世界に行くのは稀。

美術商交友会理事長 / 全美連理事 / 国際浮世絵学会理事 / 交換会松風会主 / 東京美術倶楽部、築地ロータリークラブ所属

社長 田中千秋
代表取締役社長・田中千秋
アートコレクター入門
アートコレクター入門

『アートコレクター入門』平凡社 令和6年 田中千秋著(弊社代表)
美術品・骨董品を「買う」ところから「売る」ところまで、さまざまな視点で解説したアートコレクションの入門書。アートの売買を通して主人公が成長する物語として書かれている。アートコレクター、アーティスト、美術館長、画商など専門家にも好評。アーティストになるための入門書としても読まれている。
この本を通して田中のイイタイコト私どもは、お客様と美術品を「買う」「売る」だけの関係ではさびしいと考えています。美術を通して、豊かな出会いと、人生への喜びを共有できる体験にできればと願っています。

絵画・美術品の買取はお客様の幸せを第一に考える【銀座・秋華洞】

絵画骨董買取プロ・4つの約束

【顔の見える対応】

どんな人が来るか分からない?

いいえ、ご覧のような、経験を積んだ誠実な専門鑑定士がうかがいます。

まったく美術・アートがわからない方でも、丁寧にご対応いたします。

電話受付は私どもの女性スタッフが心を込めて受付いたします。

スタッフ紹介・鑑定士一覧

【どんなものでも】

これ見てもらえるの?準備が大変?

このジャンルのものはわかってもらえるの?

弊社は、古書、古陶磁、浮世絵、近代芸術、現代アート、茶道具、刀剣、宝飾類までワンストップで対応いたします。

箱が揃わないんだけど?傷があるのだけど?

状態の悪いものでも、まずはご相談ください。

【お客様の立場にたった対応】

お客様の気持になって考えます

大切な思い出のある品物を手放す、という大事な瞬間。

私どもは、お客様にとって何が一番の解決方法なのか、真剣にお客様と共に考えます

【スピード対応】

連絡しても待たされる?

査定のご依頼をいただいて一営業日以内に、お答えいたします!

(分析に時間がかかるもの、大量にあるものなどはお時間のかかる場合もございます)

絵画骨董買取プロ【銀座秋華洞】のご案内

ある日の秋華洞スタッフ(半数) 鑑定会の様子 秋華洞の店内 田中と江夏 銀座のイメージ 鑑定会の様子2

絵画骨董買取プロ、こと銀座秋華洞は戦前から美術商として営業を続けてきた田中がこの銀座の地で平成15年からスタートした画廊です。 あらゆるジャンルの美術品・骨董品を、お客様の立場に立って親切・丁寧に扱わせていただきます。秋華洞 会社案内

絵画・骨董買取に全国にうかがいます

買取のご相談、全国への出張査定等、すべて無料です。
出張査定は作品の内容や点数にもよりますので、まずはお電話かメールでご相談下さい。
丁寧でスピーディな対応を心がけております。

鑑定機関に依頼する鑑定代行(有料)も承ります。

今なぜ絵画骨董買取プロなのか?銀座秋華洞が選ばれる理由5

  • 親子三代
    ✔ 理由1: 三代80年の実績と信頼
  • 幅広い美術品
    ✔ 理由2: 掛軸から現代アートまで買取可能
  • すべて無料
    ✔ 理由3: ご相談・出張費・査定料無料
  • ルートある販売店
    ✔ 理由4: 多様な販売ルートで高額買取
  • テレビ出演
    ✔ 理由5: 多くのメディアに出演

買取作家一覧(抜粋)

よくあるご質問

査定は無料ですか?

もちろんです。私どもは店頭でも、出張でも、査定は無料で行っております。(ただし、企業会計や相続に必要な査定書は、別途有料でお引き受けしております。)

その場で買い取ってもらえますか?

もちろんです。その場で現金買取いたします。

見て貰うだけでも構いませんか?

はい、私どもでのお見積りをご提示いたしますので、その場で決めなくて結構です。ご検討下さい。

作品発送後、入金はいつになりますか?

宅配買取りの場合、作品が到着してお客様にご連絡差し上げます。ご承諾いただいたら、その後、すぐに銀行口座へご入金いたします。

お客様の声

わかり易く説明してくださり 納得の鑑定でした。

素人の考えに、丁寧にお答えして下さいました。
わかり易く説明してくださり 納得の鑑定でした。
ありがとうございました。

価値をわかっていただける方に おゆずりできて良かったです

ありがとうございました。
父の集めていたものですが、価値をわかっていただける方に
おゆずりできて良かったです。また伺います。

お父様が大切にされていた根付、次の世代へ引き継ぎたいと思います。
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

買い取りする絵画・骨董の種類

田中

絵画の買取について

ふるくは縄文の時代から、もっともスタンダードで普遍的なアートは、「絵画」だと思います。
人が人に「なにか」を伝えるのに、もっとも大事な人間の営みが「絵」を描くことだったからです。
アート作品には「立体」と「平面」があります。「平面」とはなにかといえば、もちろん絵画のことです。

絵画を後世に伝えるのに、日本でもっとも長く用いられてきた形式が「掛け軸」でした。巻いてコンパクトにしまえる「軸もの」は、平安の時代から、ずっと大切にされきた形式で、おそらく日本国内にある「絵画」の大半はまだこの形式ではないかと思われます。

明治維新後は、額装の絵画がたくさん入ってきて、戦後は、8割の絵画が額装になりました。日本的形式をとどめたものが「日本画」と呼ばれ、油彩画を「洋画」と呼ぶのが日本的習慣です。こういう美術の分類は実は日本だけのもので、あまり海外で「カナダ画」とか「ドイツ画」とか言うことは少ないでしょう。

なので「日本画」というものの存在は、この100年、曖昧になってきたのですが、実は、アジアやヨーロッパで、少しずつ「日本画」が見直されており、もしかしたら「津波」とか「富士山」のように、「日本画」というものはあらためて存在感を発揮するかもしれません。

戦後、50年代以降はこの流れに加えて、「現代美術」としての絵画も出てきました。「美術とはなにか」を自問する美術、と言ってもいいでしょう。蒸気機関、電気などが発明されると同時に、「写真」「印刷」さらには「テレビ」が普及した20世紀に、美術=アートの存在意義を問い直す絵が出てくるのは当然とも言えます。

「現代美術」の前哨戦としては、エコール・ド・パリの画家たちの取り組みや、印象派、ドイツ表現主義、ウィーン分離派など、アートは宗教画とか権力者の装飾物から「個人の表現」そして「個人」から「個人」への伝達、という流れも出てきます。

現代人が生きるうえでの糧になる「アート」は、しかし、どの時代のものも、現代人は必要としており、「現代アート」があるから、印象派はいらない、とか、円山応挙がいらない、ということにはなりません。

どの時代のどの国のどんな形式の絵画作品も、私どもは丁寧に鑑定して、買取させていただきます。

道具の買取について

日本は本当に道具の多い国です。「立体」と無愛想に呼んでみることもできますが、ともあれ、日本人は昔から生活の身の回りを美しく細工したもので飾る民族でした。

日本に限らず、美しいものはたくさんありますが、しかし、日本にしかない、また日本人にしか作れない精妙なものが多いのも事実です。

日本人のそうした細工の美学が美しく花開いたのはふたつの文化が関係しています。

茶の湯の美学

武の美学

なんといっても、武野紹鴎と利休が流れを決定的にした「お茶」の世界は日本文化に決定的な影響を与えました。
平安から鎌倉までにも、お道具の歴史はありますが、体系立てて人をもてなすのに道具を持ってする、というエンターテイメントとしての「茶の湯」は、茶碗、水差し、軸物などあらゆる道具に究極の美学を与えていきます。
また、おそらくは鎌倉から始まった武士の文化の存在も、日本の「美」に大きな影響を与えます。武士は、年がら年中戦っていたわけではなく、「戦わずして制する」のがもっとも大事なことで、それはひとりの武士の存在も同じです。武士の命と呼ばれる「刀」には、隅々に至るまで武士の美学が散りばめられています。
このふたつの流れは、秀吉と家康が海外文化の流入が侵略につながることに気がついて止めたことも幸いして、日本で独自の発展をとげ、美は磨かれていきました。
明治維新以降の陶磁器や道具の文化も、基本的にはそうした日本文化の基礎の上になりたっています。

現代アートとしての道具

もはや道具と呼ぶのはふさわしくない、つかうというより飾るのに特化した彫刻的陶磁器も、さまざまなアーティストが試みます。代表的なのは走泥社にいた八木一夫でしょう。

彫刻の買取

骨董、という文脈ではちょっと違いますが、立体のうち、木をノミで掘り起こす木彫、そして石彫やブロンズなど、古くは平安・鎌倉時代から彫刻技術は高いものがありました。戦後は平櫛田中、高村光雲、高村光太郎、近年では舟越保武など、優れた彫刻家は歴史に残る仕事をしています。

買取する骨董の範囲

こうした様々な要素のある「骨董」ですが、絵画骨董買取プロ・秋華洞はどんなジャンルの作品でも買取いたします。

獅子蒔絵印籠

全国の出張地域の一覧です。

蔵まるごと査定

あなたの蔵まるごと鑑定・買い取りいたします。

ご自宅やご実家の「蔵」をまるごと見てほしいというご要望を時々いただきます。

蔵の中身まるごと買い取ってほしい

蔵の解体期日が迫っていて時間が無い

物が大量にあり、処分に困っている

ほとんど中を見たことが無いため価値が分からない

片付いていなくても、どんなものがあるのか詳細が分からなくても大丈夫です。専門のスタッフが全国出張査定いたします。

遺品整理・実家片付け

遺品整理・生前整理・ご実家の片付けのご相談承ります。

美術品は価値がわからない、たくさん残されて価値がわからず困っている。絵画・骨董の価値の見極めは、ぜひプロの美術商にご相談下さい。

買取ではどのような絵画・骨董・美術品が売れるのか

絵画などの美術品・骨董品を売るとき、どんな作品が高く売れるのか、少し考えてみましょう。

高く売れるのかどうかは、いちばん大事な要素は「時代」といえるかもしれません。ある時代に流行っても、次の時代には価値がなくなる、そういうことをこの数十年でも、私ども美術商は多く見てきました。
よく、「今はウリドキなの?」と聞かれます。おそらく、株式などと同じ感覚で聞かれているのだと思います。「時代」で価値が変わる、という意味で仰っているのだと思いますが、この質問は実はあまり意味がありません。
長期保有が美術品を持つ正しい態度だと思いますが、長く持っていたからより高くなる、と考えるのはあまり意味がありません。
たしかに、白髪一雄や草間彌生のように、30年で値段が数百倍にあがってしまった作家はいますが、では美術が必ずあがるのか、といえばそうとはいえません。

いつ売るのが適切なのか、と言われれば大事なのは「得するかどうか」ではなくて「自分にとって必要であるかどうか」ということになります。

さて、ではあらためて、どんな作品が高く売れるのか、考えてみましょう。

これは作家の名前の要素がもっとも強い要素です。ある種の古い仏画や古筆など、作者を云々するのが意味がない場合もありますが、総じて作者の偉大さによって基本の価格は決まってきます。

では、作家の値段はどう決まるのか。それはその作家が時代を変える大きな仕事をしたかどうか、に左右されます。そして、それが現在どう捉えられているか、という要素です。

その次に作品のモチーフです。作家ごとに人気のモチーフがあり、代表的なモチーフが高く評価される傾向があります。

この影響で、同じ画家が同じ図柄ばかり描く傾向がありますが、これもやりすぎると評価が低くなるケースもあり厄介です。

「売る」と決めたら、何が高いか、考えても仕方ありませんが、保存したり、引き継いだりすることを考えると、引き継ぎ時にどう評価されるのか、ということを考えて、状態を整えたり、つぎの時代の人に引き渡す必要があります。そうした視点でいえば、もっとも高く評価される作品を買い、状態を正しく保つ、ということが「高く売れる」ものを所有しておくコツともいえるでしょう。

こうした知識は、作品を手放すときに、知っておくと「納得」して美術品を売る助けになるかと思います。

査定、ご相談はお電話(0120-120-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

お電話ください まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510
お電話ください

経験豊富なスタッフが対応いたします

絵画骨董買取プロには美術業界で経験を積んだスタッフが揃っています。どんなことでもお気軽にご相談下さい。

買取査定の前に鑑定を取った方がいいのか
査定依頼をいただければ、アドバイスいたします

贋作という結果でも、鑑定料等の実費は支払わなければなりません。
私どもに事前に査定依頼をいただければ、鑑定に出したほうが良いかアドバイスすることができます。ぜひご相談ください。

陶磁器・工芸品の査定写真の撮り方

1.作品全体
2.箱 重要です

絵画の査定写真の撮り方

1.額全体
2.サイン部分拡大
3.額の裏側:画題等書いてあれば
4.鑑定書などの添付物
お電話ください まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510査定フォーム

掛軸の査定写真の撮り方

1.掛軸全体
2.本紙部分
3.落款・印の拡大
4.箱書き(あれば裏表)

美術品買取の流れ

買取の流れ

鑑定に出す前にチェックしたいポイント

・鑑定機関によっては、受付開始日、鑑定品お渡し開始日が決まっています。確認はお済でしょうか。
・鑑定料は1作品あたり数万円かかります。贋作という結果でも料金は発生します。

真作か贋作か判断つかない場合はご相談下さい。

査定依頼をいただければ、鑑定に出したほうが良いかアドバイスすることができます。
お悩みのかたはぜひご相談ください。

査定写真の撮り方

  • 宅配買取
  • 蔵まるごと鑑定・買取
  • 遺品整理

買取強化作家

取扱品目

当店で主に買取しているものです。お気軽にご相談下さい。