川瀬巴水

かわせはすい
浮世絵師・版画家 1883(明治16) - 1957(昭和32)

「新版画」の作家。糸組物職商人の長男として生まれ、伯父には戯作者の仮名垣魯文がいる。鏑木清方の門人で、この時「巴水」の号を授かる。後に渡邊庄三郎と知り合い、更に同門の伊東深水の《近江八景》を見て、木版画に興味を持つ。大正7年(1918)には渡邊版画店から塩原三部作を発表し、以後生涯に渡って風景版画を数多く刊行。「新版画」の代表的作家として活躍する。

川瀬巴水「芝増上寺」
川瀬巴水「芝増上寺」
川瀬巴水作品の査定のポイント

叙情あふれる風景画で人気の川瀬巴水ですが、平成25年の生誕130年記念の展覧会以降、評価が更に高まっています。巴水は生涯に約700図の版画作品を残していますが、特に、「東京十二題」、「旅みやげ第一第二集」など関東大震災以前の作品はほとんどの作品と版木が焼けてしまったため貴重です。その他、「芝増上寺」「馬込の月」など、雪景色、月、雨が描かれた作品も人気が高いです。
巴水作品の査定では、作品の状態の他に、制作の年代 (後摺でも巴水の生前のものかどうかで評価が違います)、人気のモチーフがどうかなど総合的に見ていきます。

巴水の買取ならぜひ秋華洞にお任せください。

川瀬巴水の作品例一覧
川瀬巴水の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名川瀬巴水
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×