社長 田中千秋
落合芳幾作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で落合芳幾買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし落合芳幾の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

落合芳幾

おちあいよしいく
浮世絵師・版画家 1833(天保4) - 1904(明治37)

幕末・明治期の浮世絵師。江戸浅草に生まれる。通称は幾次郎。別号に一恵斎・恵斎・朝霞楼などがある。歌川国芳の門人で、同門の月岡芳年とならび称される。安政初期頃から錦絵制作。多方面にその才能を発揮したが、役者似顔絵・美人風俗画をよくする。また洋風陰影を取り入れた作もあり、武者絵・歴史画・巷説題材画も手掛けている。明治期には新聞錦絵の挿絵を担当し、明治5年「東京日々新聞」や明治8年「平仮名絵入日々新聞(東京絵入新聞)」の創刊に参加し、新聞紙上に錦絵を取り入れて注目される。代表作に弟弟子である芳年との競作シリーズ「英名二十八衆句」がある。

東京日々新聞 第431号
東京日々新聞 第431号
落合芳幾の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名落合芳幾
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×