土屋光逸

つちやこういつ
浮世絵師・版画家 1870(明治3) - 1949(昭和24)

浮世絵師・版画家。16歳のとき小林清親に入門し、以後30年間小林家で家族同然の暮らしを送る。師に倣ったあたたかい色彩が特色であり、風景浮世絵においては優しく美しい光や水面を表現した。また日清戦争の際には、講和の様子を描いた三枚続の錦絵の制作も行った。

上野清水堂
上野清水堂
土屋光逸の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名土屋光逸
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×