小原古邨

おはらこそん
浮世絵師・版画家 1877(明治10) - 1945(昭和20)

版画家。石川県に生まれる。花鳥画を得意とした鈴木華邨に画を学ぶ。はじめ肉筆花鳥画を描いたが、フェノロサのすすめを受け、輸出用の木版花鳥画の制作を行う。叙情的かつ繊細に描かれた花鳥画や、ユーモラスな表情をとらえた動物画は、当時のヨーロッパで高く評価された。

小原古邨の作品例一覧
小原古邨の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小原古邨
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×