葛飾北斎

かつしかほくさい
浮世絵師・版画家 1760(宝暦10) - 1849(嘉永2)

江戸に生まれる。木版彫刻を学んだり、貸本屋の小奴として働き、19歳で当時の似顔絵役者絵の第一人者、勝川春章に入門。翌年「春郎」の画名で浮世絵会にデビュー。35歳に勝川派から独立、役者絵や美人画から距離を置き、狂歌絵本への挿絵の提供、肉筆画での活躍が中心となる。 この大波などの『富嶽三十六景』が北斎の代表作であるがこれらは70年間にわたって作品を描き続けた画業の一部にしか過ぎない。北斎は錦絵のみならず、本の挿絵・刷り物・肉筆画と活躍の舞台は広く、その絵画世界には豊かな広がりがある。

葛飾北斎「富嶽三十六景・神奈川沖波裏」
葛飾北斎「富嶽三十六景・神奈川沖波裏」
葛飾北斎作品の査定のポイント

北斎の作品がございましたら、ぜひお見せください。
特に買取強化中なのは以下のシリーズです。
・肉筆画全般
・「冨嶽三十六景」・「諸国瀧廻り」・「諸国名橋奇覧
・「千絵の海」・「琉球八景」・「百物語」・「花鳥画」など
・春画全般

90歳で天寿を全うした北斎は、最も有名な浮世絵師であるとともに1999年にはアメリカの雑誌「ライフ」でこの1000年でもっとも偉大な業績を残した100人として、日本人でただ一人選ばれています。長生きだったため、沢山の作品を残した北斎ですが、代表作として国内外に人気が高いのが、大胆な構図でさまざまな富士山を描いた「冨嶽三十六景」です。特に有名なのが、海外では「ビッグウェイブ」と呼ばれている「神奈川沖浪裏」、赤く染まる富士の山肌を描いた「崖風快晴」、稲妻が富士山の裾野に光る「山下白雨」などです。北斎の絵は海外の芸術家に影響を与えており、作曲家のドビュッシーは冨嶽三十六景 「神奈川沖浪裏」からインスピレーションを受け交響曲「海」を作曲したとされ、工芸作家のエミール・ガレは北斎漫画の鯉のモチーフを取り入れた花瓶を作るなどしています。
このほか浮世絵では諸国の名瀑を題材とした8図の連作「諸国瀧廻り」、橋のデザインを生かすため大胆な構図を用いた「諸国名橋奇覧」などのシリーズが知られています。

浮世絵のイメージが強い北斎ですが、浮世絵作品のほとんどが70歳代の4年間に集約されており、その前は読み本挿絵や絵手本、80代の最晩年は肉筆画を残しています。

葛飾北斎の作品例一覧
葛飾北斎の買取は秋華洞にお任せ下さい

北斎の作品がございましたら、ぜひお見せください。
作品の需給状況、状態(査定額に大きな影響があります)、出来などを総合的に判断して査定額をお出しします。他の絵師や掛け軸、骨董などと一緒で構いません。
秋華洞は日本浮世絵商協同組合に所属し、常に業者の交換会にでておりますので、リアルな浮世絵の価格を把握しております。安心してご相談ください。また、複製がどうかわからないという場合も遠慮なくご連絡ください。

葛飾北斎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名葛飾北斎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×