社長 田中千秋
葛飾北斎作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で葛飾北斎買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし葛飾北斎の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

葛飾北斎

かつしかほくさい
浮世絵師・版画家 1760(宝暦10) - 1849(嘉永2)

江戸に生まれる。幼名は時太郎、後年鉄蔵と改めた。木版彫刻を学んだり、貸本屋の小奴として働き、19歳で当時の似顔絵役者絵の第一人者、勝川春章に入門。翌年「春郎」の画名で浮世絵会にデビュー。35歳に勝川派から独立、役者絵や美人画から距離を置き、狂歌絵本への挿絵の提供、肉筆画での活躍が中心となる。 この大波などの『富嶽三十六景』が北斎の代表作であるがこれらは70年間にわたって作品を描き続けた画業の一部にしか過ぎない。北斎は錦絵のみならず、本の挿絵・刷り物・肉筆画と活躍の舞台は広く、その絵画世界には豊かな広がりがある。画狂人とも号した北斎の画業は、常に斬新で人々を驚嘆させた。現代でも世界的な名声を誇る。1966年にモスクワ他で開催された北斎展に、小布施に残っていた北斎の肉筆画が展示されて地元での関心が高まり、北斎館建設につながった。76年開館、91年に増改築。

葛飾北斎「富嶽三十六景・神奈川沖波裏」
葛飾北斎「富嶽三十六景・神奈川沖波裏」
北斎 査定のポイント

浮世絵といえば北斎。2024年度から使用される新紙幣では「富嶽三十六景 神奈川沖波裏」が採用され、一層注目されています。
私共は日本浮世絵商協同組合に所属し、常に業者の交換会にでておりますので、リアルな浮世絵の価格を把握しております。北斎のご売却ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
こちらでは北斎 査定のポイントを詳しく解説していきます。

高く売れる図柄・シリーズ

代表作として国内外に人気が高いのが、大胆な構図でさまざまな富士山を描いた「冨嶽三十六景」です。特に有名なのが、海外では「ビッグウェイブ」と呼ばれている「神奈川沖浪裏」、赤く染まる富士の山肌を描いた「崖風快晴」、稲妻が富士山の裾野に光る「山下白雨」などです。このほか浮世絵では諸国の名瀑を題材とした8図の連作「諸国瀧廻り」、橋のデザインを生かすため大胆な構図を用いた「諸国名橋奇覧」などのシリーズが評価が高いです。

蛸で有名な「喜能会之故真通」(きのえのこまつ)、万福和合神絵本つひの雛形など、北斎の春画も人気が高いです。
本の場合は上中下全て揃っているか、落丁はないか、表紙の題箋(だいせん)は当時のものかによっても評価は変わります。

動画で見る北斎の買取・鑑定
葛飾北斎の作品を鑑定します。喉から手が出るほど探しております(2)
葛飾北斎の作品を鑑定します。喉から手が出るほど探しております(7)
葛飾北斎の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名葛飾北斎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×