歌川国貞
(三代豊国)

うたがわくにさだ
(さんだいとよくに)
浮世絵師・版画家 1786(天明6) - 1864(元治元)

浮世絵師。画号に一雄斎・五渡亭・月波楼・琴雷舎・香蝶楼などがある。豊国Ⅰの門人で弘化元年(1844)に豊国の号を継ぐ。舞台の興奮が伝わってくるような役者絵を描き、「役者絵の国貞」と称せられる。また美人画に於いても時代の好みを反映した粋で艶な猫背猪首型の美人を描き、人気の高さはその圧倒的豊富な作画量に象徴される。

歌川国貞(三代豊国)「月の陰忍逢ふ夜」
歌川国貞(三代豊国)「月の陰忍逢ふ夜」
歌川国貞(三代豊国)の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名歌川国貞(三代豊国)
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×