豊原国周

とよはらくにちか
浮世絵師・版画家 1835(天保6) - 1900(明治33)

浮世絵師。別号に花蝶楼・一鶯斎・豊春楼などがある。豊原周信に入門し、羽子板押絵の原図を制作した後、国貞Ⅰ(豊国Ⅲ)に入門。役者大首絵を多数制作し、力量を発揮。後年は伝統的な様式を堅持した役者似顔絵の七分身像が多く、また三枚続の画面に一人立ちの半身役者絵を描く構図を制作。顔貌描写に羽子板様式の特徴を持つ。

奇術十二支之内 三生の小猿
奇術十二支之内 三生の小猿
豊原国周の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名豊原国周
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×