棟方志功

むなかたしこう
洋画家 浮世絵師・版画家 1903(明治36) - 1975(昭和50)

青森市に生まれる。1928年、第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に版画が入選、又第9回帝展に油絵初入選。この頃から版画へと興味を移し、本格的な木版画制作を始める。1936年、柳宗悦、河井寛次郎らと民芸運動の人々と知り合う。これは以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼす。1938年、第2回新文展で特選。1941年、第5回佐分賞受賞。1952年、第2回ルガノ〈白と黒〉国際展で受賞、日本版画協会を脱会し、日本版画院を結成。1955年、第3回サンパウロ・ビエンナーレで受賞。1956年、第28回ヴェネチィア・ビエンネーレで国際版画大賞受賞。 1960年、アメリカ各地で個展を開催。1970年、文化勲章受賞。

棟方志功「弁財天妃の柵」 (棟方板画館)
棟方志功「弁財天妃の柵」 (棟方板画館)
棟方志功作品の査定のポイント

弊社でもご相談が多いのが棟方志功の作品です。それだけ幅広いファンがおり、作品の大半が版画(板画)ということで作品数も多いためです。また、人気ゆえに贋作も多く見受けられ、鑑定書の偽物も出回っていることも棟方志功の買取で悩ましい点です。明らかな贋作はプロが見ればすぐわかりますので、ぜひご相談下さい。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。棟方志功の場合は、何と言っても女性の顔を大きく描いたもの。いわゆる大首絵ですね。あるいは観音様の全身像。これに彩色したものが最も人気です。また有名な釈迦十大弟子シリーズも評価は高いです。

【技法】Q:肉筆と版画のどちらが高いのですか?
棟方の作品の中心は版画(棟方志功は板画と呼びます)ですが、それ以外に水墨着彩の絵画(彼は倭絵・やまとえと呼びます)、さらには油絵もあります。
さてどちらが評価があるかという問題ですが、意外なことに、肉筆よりも版画の方がやや評価が高い傾向があります。やはり棟方志功は版画で評価された為ともいえるでしょう。ただ、必ずしも一概には言えませんので、まずはお作品1点ずつと向き合って評価を考えるべきところですね。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?
棟方志功の場合、東急百貨店美術部内の棟方志功鑑定委員会で鑑定・登録を行っています。
弊社では鑑定書取得の代行も行っております。明らかな贋作の場合は出さないほうが余計なお金を使わなくてすみます。
なお、棟方志功作品にはご子息の棟方巴里爾さんのシールが付いているケースもあります。この場合には証明にはなりますが、残念なことにこのシールの贋物も出回っている関係で、あらためて取得するべき場合もあります。

まずはご不明な点がございましたら秋華洞にご相談下さい。

棟方志功作品の所定鑑定人・鑑定機関
 棟方志功鑑定委員会
棟方志功の作品例一覧
棟方志功作品の相続

秋華洞では、棟方志功作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

棟方志功作品の査定は銀座秋華洞にお任せ下さい

棟方志功の仕事は他の誰にも似ていない、それでいて日本の図像の集大成、象徴ともいえる普遍性を持った作品群です。無垢でしなやかな感性、素朴な信仰とエロスの融合、柳宗悦の民芸運動や文学との結びつき、版画作法への源流への畏敬など、さまざまな要素が相俟って棟方芸術の宇宙を形成しています。彼の作品群の豊かさは日本美術を明るく照らす優しい強い光ともいえるでしょう。

私どもでは数百点を超える作品を大事に扱ってまいりました。大切な棟方志功作品のご売却、あるいはご購入の相談は秋華洞に是非おまかせ下さい。

棟方志功の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名棟方志功
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×