鬼頭鍋三郎

きとうなべさぶろう
洋画家 1899(明治32) - 1982(昭和57)

1922年、松下春雄、中野安治郎らとサンサシオンを設立1923年、岡田三郎助に師事。 1924年第5回帝展に初入選、1934年第15回同展で「手をかざす女」が特選。 1951年第17回日展、パリ自由美術展に「バレリーナ」出品。 一年の渡欧の後(1954~1955)、第11回日展出品作「アトリエにて」で昭和30年度日本芸術院賞を受賞。1968年、愛知県立芸術大学教授に就任。 1970年、光風会理事長に就任、勲三等瑞宝章を受ける。1971年、日展顧問に就任。

鬼頭鍋三郎作品の所定鑑定人・鑑定機関
 鬼頭伊佐郎
鬼頭鍋三郎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名鬼頭鍋三郎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×