中村彝

なかむらつね
洋画家 1887(明治20) - 1924(大正13)

肺結核のために千葉で療養中に水彩の風景スケッチに親しんだことで画家への道を歩むことになる。1906年に本郷菊坂、次いで赤坂の白馬会研究所へ通い、終生交流を持つことになる中原悌二郎と出会う。翌年、中原についで太平洋画会研究所に転じる。1908年には太平洋画会展で奨励賞、第三回文展で褒状を受けて画壇デビュー。1911年から数年は、女性問題と創作上の苦心から心理的葛藤に苦しむ。1913年からは『少女』等、ルノワールへの強い傾倒を示す作品を発表する。1920年の帝展に出品した『エロシェンコ氏の像』は大きな賞賛を持って迎えられ、大正期の洋画を代表する記念碑的作品のひとつとなっている。

中村彝「女」
中村彝「女」
中村彝作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
中村彝の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名中村彝
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×