宮本三郎

みやもとさぶろう
洋画家 1905(明治38) - 1974(昭和49)

1922年、上京して川端画学校洋画部で藤島武二などに指導を受ける。翌年光風会展に初入選するが、関東大震災に遭い京都へ赴く。関西美術院では黒田重太郎に師事。1925年に再上京し、二科展に出品、1935年の「婦女三容」が推奨を受けて翌年二科会の会員になる。この間鉦人社に参加し安井曾太郎の指導を受けつつ、独自のリアリズムを展開する。1938年に渡欧、パリのアカデミー・ランソンで学び翌年帰国。1940年には華北に従軍し、1942年の大東亜戦争美術展に作品を出品している。戦後は第二紀会を創立、金沢美術工芸専門学校教授・多摩美術大学教授を歴任し、1958年には日本美術家連盟理事長に選出、 1971年、金沢美術工芸大学の名誉教授となる。日本芸術院会員、二紀会の理事長も務める。

縞の敷物
縞の敷物
宮本三郎作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 日動画廊
宮本三郎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名宮本三郎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×