荻須高徳

おぎすたかのり
洋画家 1901(明治34) - 1986(昭和61)

上京して川端画学校で藤島武二の指導を受け、東京美術学校西洋画科に入学。在学中、仏国から帰国中の佐伯祐三に逢い、強い影響を受けパリに赴き、佐伯の傍らで制作した。パリ、ジュネーブ、ミラノなどで個展を開き、昭和11年、サロン・ドートンヌ会員となる。11年「プラス・サンタンドレ」がフランス政府に、12年「街角」がパリ市に買い上げとなる。大戦のため帰国し、17年には陸軍嘱託として仏領インドシナに派遣された。戦後パリに戻り制作を続け、パリの街角を明快で骨太な筆触で描き、市民に愛された。31年仏政府からシュヴァリエ・ド・レジオン・ドヌール勲章、41年パリ市よりメダイユ・ド・ヴェルメイユを受ける。日仏文化交流にも尽力し、56年文化功労者。58年郷里の稲沢市に荻須高徳記念館開館。没後、文化勲章。

荻須高徳
荻須高徳
荻須高徳の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名荻須高徳
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×