林武

はやしたけし
洋画家 1896(明治29) - 1975(昭和50)

1913年、東京歯科医学校に入学するが、後に文学、絵画へと志望を変え、1920年に日本美術学校へ入りデッサンなどを学ぶ。翌年、第八回二科展に『婦人像』で初入選。1923年から萬鉄五郎を中心とする円鳥会に参加、1930年協会の会員にもなる。同年に二科会を退き独立美術協会を創立。1934年に渡欧し欧州各地の遊学の後、翌年帰国。セザンヌやフォーヴィスム、キュビズムの影響を示す独自の様式を確立する。1952年、東京芸術大学教授に就任。1963年の定年退職後は制作三昧の生活を送る。1967年文化勲章受賞。

薔薇
薔薇
林武作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 日動画廊
林武の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名林武
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×