牛島憲之

うしじまのりゆき
洋画家 1900(明治33) - 1997(平成9)

大正8年上京し、葵橋洋画研究所、東京美術学校西洋画科で岡田三郎助に学び、卒業後小林萬吾の同舟社研究所でデッサンを続ける。昭和17年には創元会会員となり、翌年第6回新文展に「野川」を無鑑査出品。戦後24年には創元会を退会し官展から離れ、同年須田寿らと立軌会を結成し、以後同展に制作発表する。作風も、「春林」(昭和31)辺りの牧歌的な風景画から、「江東風景」(昭和27)、「水門」(昭和28)のような水平と垂直による謹直な大画面構成に特色を示し、独自の形態感覚と色彩感覚による心象風景を描く。 日本国際美術展、サンパウロビエンナーレ、現代美術展などに出品。昭和29年から43年まで東京芸術大学で教鞭をとる。昭和58年文化勲章。

牛島憲之「新樹」
牛島憲之「新樹」
牛島憲之の作品例一覧
牛島憲之の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名牛島憲之
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×