寺内萬治郎

てらうちまんじろう
洋画家 1890(明治23) - 1964(昭和39)

中学在学中に松原三五郎の天彩画塾に入り鉛筆画、水彩画を学ぶ。中学卒業後の1909年に上京し、黒田清輝に師事する。翌年、東京美術学校西洋画科に入学。1918年に文展に初入選し、以後一貫して官展に出品を続ける。「デッサンの神様」と呼ばれ、その写実力を生かした重厚で品位ある作品を描いた。1943年から7年間東京美術学校で教鞭をとったほか、日本大学などで講師を務め指導にあたる。1960年、日本芸術院会員。

横むく坐像
横むく坐像
寺内萬治郎作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
寺内萬治郎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名寺内萬治郎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×