海老原喜之助

えびはらきのすけ
洋画家 1904(明治37) - 1970(昭和45)

中学から油絵を描き始め、大正10年から川端画学校へ通う。大正11年渡仏し、藤田嗣治に出会い、薫陶を受ける。13年サロンドートンヌに入選。エコール・ド・パリの次代として注目を集める。昭和3、4年にはニューヨークでロシェ企画の個展を開催、出品作「曲馬」はカーネギー財団の収集となった。この頃から西洋古典、とりわけブリューゲルに傾倒し、黒白の諧調の作品から次第に青と白の雪景シリーズへと移行して「ゲレンデ」などの作品を生む。ジャコメッティ、浜口陽三らとも交友を深めた。昭和9年に帰国し、熊本で戦期を過ごし、26年海老原美術研究所を開設。同年第三回讀賣アンデパンダン展に出品、日本国際美術館で数々受賞。35年、逗子に移住。39年の第31独立展出品作「雨の火」は芸術院賞文部大臣賞を受賞。42年再び渡欧し、チューリヒで入院中の藤田を見舞ったが、昭和45年パリで客死した。

海老原喜之助「曳船」
海老原喜之助「曳船」
海老原喜之助作品の所定鑑定人・鑑定機関
 日本洋画商協同組合
 東京美術倶楽部鑑定委員会
海老原喜之助の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名海老原喜之助
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×