前田寛治

まえたかんじ
洋画家 1896(明治29) - 1930(昭和5)

1915年、上京して白馬会葵橋洋画研究所へ通い、翌年東京美術学校西洋画科に入学。藤島武二の指導を受ける。 1921年に卒業し研究科へ進み、同年の第八回二科展に初入選。1922年には渡仏し、特にクールベの写実主義に傾倒する。1925年には帰国、翌年には里見勝蔵らと一九三〇年協会を設立し第一回展を開催。同年、湯島に前田写実研究部を開設し指導にあたる。1927年には著書『クールベ』を刊行。1929 年、第四回一九三〇年協会展に『棟梁の家族』などを発表、同年の第十回帝展では『海』で帝国美術院賞を受賞。

黒衣婦人像(東京国立近代美術館)
黒衣婦人像(東京国立近代美術館)
前田寛治作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
前田寛治の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名前田寛治
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×