社長 田中千秋
岸田劉生作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で岸田劉生買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし岸田劉生の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

岸田劉生

きしだりゅうせい
洋画家 1891(明治24) - 1929(昭和4)

銀座に岸田吟香の四男として生まれる。39年東京師範附属中学を中退し絵に専念、同時にクリスチャンになる。白馬会の葵橋洋画研究所で黒田清輝に学び、43年第四回文展に19歳で入選。白樺派同人との交友を深め、大正元年にはフュウザン会の結成に参加。自画像や「バーナード・リーチ像」など、肖像画を多数制作。その後印象派の作風から一転して写実に向かう。大正5年に肺結核と診断され、その後各地を転々としながらも、「麗子像」など傑作を残す。大正9年頃からは初期肉筆浮世絵や宋元画などに傾倒する。昭和4年、満州鉄道の招きで満州に50日滞在後、徳山に立ち寄り、同地で客死。未完の「徳山風景」が絶筆となった。

岸田劉生「毛糸肩掛せる麗子肖像」
岸田劉生「毛糸肩掛せる麗子肖像」
岸田劉生作品の査定のポイント

娘を描いた「麗子像」が圧倒的に有名な岸田劉生。仲間たちから「首刈り」と言われるほど友人をモデルに数多くの肖像画を残していますが、一方で「切通之写生」や静物画でも優れた作品を制作しました。弊社でも岸田劉生作品に関するご相談が多いのですが、人気ゆえに贋作も多く見受けられ、鑑定書の偽物も出回っていることも岸田劉生の買取で悩ましい点です。明らかな贋作はプロが見ればすぐわかりますので、ぜひご相談下さい。

 

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?

美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。

岸田劉生は愛娘を描いた重要文化財のものもある「麗子像」で知られており、油彩画のイメージが強いですが、実は日本画をたくさん描いています。これは簡素なものなので、油彩画とは評価の桁が1-3桁違います。ただ、岸田劉生の心の世界を描いている、という意味では面白い世界です。

それと、水彩画も多いです。日本画と水彩では、形式が違いますが、やはり麗子像や村娘像の図は評価が高いです。

さて、さいごに油彩画の話をしましょう。御存知の通り、麗子像の一つはかつてオークションレコードを作ったもので、数億するのは当たり前の世界です。オークションに出品されたものだけでなく、たくさんの麗子像、そして麗子の友達の村娘、「お松」を扱った作品は極めて高価な作品となります。

作品の価格は要するに需要と供給で決まるわけですが、誰も欲しがるような岸田劉生らしい作品は、数億円しますし、ああ、こういうものもあるのね、という作品はさほどでもない、という感じですね。

「億」と軽く書きましたが、日本の美術品は残念ながら、一般論としては、1億を超えるものはまれです。ただ、今まで「麗子像」は億を超える取引が存在したので、これからもその値段で取引される可能性を売り手も買い手も納得すればその金額で取引される可能性は十分あります。

一方で、作家性が顕著でないものについては、意外なほど評価を低くするべきな場合もあります。

大きさも小さいものなら、極めて安い場合もあるでしょう。

数十万から数億まで、さまざまな作品が存在することになります。

 

 

【年代】Q:制作年代は評価に影響しますか?

同じ作家のものでも、どうしても出来栄えは作品や年代によって異なります。描きこみのこまかいものや、その本人の全盛期の作品は評価が高くなります。さて、岸田劉生はいつの時代が高いのか。岸田劉生は、存在自体が日本美術史に悠然と屹立する金字塔のような存在で、作品の振れ幅もおおきく、若いから安い、晩年だから高い、などと単純に論評することは難しいです。

若い時の作品は写実的、しかも迫真の写実ですが、光学的リアリズムを追求するというよりも存在の本質に迫るような描写である一方、ひそかな美術史的引用もあり、あるいは風景画も単に美しいというよりも、風景の強度のある描写が目立ち、評価するべき作品が豊富です。「デロリの美」に移行する晩年は日本画を描く一方、一筋縄では行かないケレン味のある作品もあり、これらをどのように評価するのか、単純な方程式はありません。また一般に高額品は売りに出ることがまれなため、どういう売り方・買い方をするにせよ慎重な評価が必要になります。

岸田劉生作品の所定鑑定人・鑑定機関
日動画廊
鑑定代行承りますのでお気軽にご相談ください。
岸田劉生の作品例一覧
岸田劉生作品の相続

絵画骨董買取プロでは、岸田劉生作品の査定だけではなく、相続査定評価書の作成も行っています。

相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

岸田劉生の査定は秋華洞にお任せください

岸田劉生は、日本美術史のなかで写実性と精神性を追求し、日本人にとって油彩画の世界をどう消化するのか、試行錯誤を繰り返し取り組んだ油彩画のジャンルに於いてもっとも重要な画家だと言っても過言ではないでしょう。わかりやすい「綺麗な絵」など一点たりともないこともこの画家の特徴です。どんなものであれ、きちんと丁寧に評価させていただきますので、ぜひご相談下さい。

岸田劉生の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名岸田劉生
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×