岸田劉生

きしだりゅうせい
洋画家 1891(明治24) - 1929(昭和4)

銀座に岸田吟香の四男として生まれる。39年東京師範附属中学を中退し絵に専念、同時にクリスチャンになる。白馬会の葵橋洋画研究所で黒田清輝に学び、43年第四回文展に19歳で入選。白樺派同人との交友を深め、大正元年にはフュウザン会の結成に参加。自画像や「バーナード・リーチ像」など、肖像画を多数制作。その後印象派の作風から一転して写実に向かう。大正5年に肺結核と診断され、その後各地を転々としながらも、「麗子像」など傑作を残す。大正9年頃からは初期肉筆浮世絵や宋元画などに傾倒する。昭和4年、満州鉄道の招きで満州に50日滞在後、徳山に立ち寄り、同地で客死。未完の「徳山風景」が絶筆となった。

毛糸肩掛せる麗子肖像
毛糸肩掛せる麗子肖像
岸田劉生作品の所定鑑定人・鑑定機関
 日動画廊
岸田劉生の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名岸田劉生
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×