藤島武二

ふじしまたけじ
洋画家 1867(慶応3) - 1943(昭和18)

慶応3年(1867年)大政奉還の年に鹿児島に生まれる。  はじめ日本画(四条派)を学び、明治18年、上京して川端玉章の門下に入る。
明治23年 イタリアから帰国した松岡寿に油絵を学び、翌年、山本芳翠の生巧館へ。  明治29年 東京美術学校に西洋画科が新設されるにあたり助教授となる。白馬会の結成会員となる。  一時黒田清輝、久米桂一郎の影響によって外交派風の技法を用いたが、のちロマン的装飾画に独自の画風を開く。
明治38年フランス、イタリアに留学。  明治43年には帰国して東京美術学校の教授となる。昭和18年(1943年)東京で歿。
日本近代洋画のもっとも正統派の明るい色調の作品を多く描き、アカデミズムを確立した。

黒扇(ブリジストン美術館)
黒扇(ブリジストン美術館)
藤島武二作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 日動画廊
藤島武二の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名藤島武二
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×