村山槐多

むらやまかいた
洋画家 1896(明治29) - 1919(大正8)

中学時代には友人と回覧誌『強盗』『青色廃園』などを発行し、小説を書く傍ら表紙絵や素描を手がけ早熟な才能を示す。1914年中学卒業後に上京し、小杉未醒宅に寄寓し画家への道にめざめ、日本美術院の研究生になる。また、高村光太郎の工房にも出入りする。1916年には小杉家を出て根津、浅草などへ転居するが、モデル“おばさん”や“おたまさん”との出会いに始まり女性への思慕と失恋、創作の苦悩からデカダンな生活へと傾いていく。1917年、第四回院展洋画部出品作「乞食と女」で院賞を受賞、日本美術院院友に推される。翌年の第五回院展試作展では「大島風景」が美術院賞金乙賞を受賞。

薔薇と少女(東京国立近代美術館)
薔薇と少女(東京国立近代美術館)
村山槐多作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
村山槐多の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名村山槐多
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×