伊藤清永

いとうきよなが
洋画家 1911(明治44) - 2001(平成13)

大正14年(1925)14歳、油絵を描きはじめる。昭3年(1928)、岡田三郎助門下生となり本郷研究所に通う。同6年、槐樹杜展で「祐天寺風景」入選。同8年、第14回帝展に「朝の路次」初出品、初入選。同10年、東京美術学校油絵科卒業、翌11年、文部省美術展に「磯人」出品、選奨(特選)受賞。終戦後、復員、昭和22年兵庫県立出石高等女学校図画教員嘱託となる。同年第3回日展に「I夫人像」出品、特選受賞。 同23年東京に戻り、第4回日展「室内」出品、特選受賞。 同28年伊藤絵画研究所開設 (1972年閉鎖〉。 昭和52年、66歳の時「曙光」で日本芸術院恩賜賞受賞、文化庁買い上げ、日本芸術院所蔵。日展理事に就任。平成3年(80歳)、文化功労者に顕彰される。日展顧問となる。平成8年、式年遷宮記念神宮美術館企画運営委員会委員となる。文化勲章受章。2001年歿、享年90。

薔薇
薔薇
伊藤清永の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名伊藤清永
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×