社長 田中千秋
須田剋太作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で須田剋太買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし須田剋太の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

須田剋太

すだこくた
洋画家 1906(明治39) - 1990(平成2)

洋画家、書家。埼玉県に生まれる。本名勝三郎。独学で絵を学び、寺内萬治郎がその才能に注目し、官展への出品を勧める。戦前、日展・文展で特選3回。抽象画家・長谷川三郎の影響を受け、戦後は抽象画を手がけ、国内外で高い評価を受ける。やがて書の世界にも深く傾倒し、抽象・具象・書と幅広く活動。昭和46年以降、司馬遼太郎「街道をゆく」の挿絵を制作することで、作品的にも具象画の新境地を開くとともに、司馬と深い友情を育んだ。曹洞禅開祖・道元の「正法眼蔵」を思想の支柱とし、純粋無垢であると同時に乱暴なエネルギーに満ちた作品群を遺した。光風会会員。国画会会員。西宮市民文化賞、兵庫県文化賞、大阪文化賞受賞。神戸市で歿。享年 84。

須田剋太「仏顔」
須田剋太「仏顔」
須田剋太作品の所定鑑定人・鑑定機関
鑑定代行承りますのでお気軽にご相談ください。
須田剋太の抽象・具象を高く評価しています
須田剋太 買います!司馬遼太郎の「街道をゆく」の挿絵や禅の「書」も高く評価します

須田剋太は、司馬遼太郎の「街道をゆく」の挿絵画家として広く世に知られています。

明治39年埼玉県吹上町の教育者の家に生まれ、幼少の頃は、病弱でしかも内気な少年だったそうです。

旧制中学を卒業後、画家を目指し東京美術学校を受験するも失敗。

独学で絵を描き続け、「文展」や「日展」に何度も入選したことがありました。

ただ積極的に売ろうともせず、なり振り構わぬ貧乏生活を続ける生活。

自分のスタイルを決めず、40歳過ぎて抽象画にのめり込み、 また道元の禅にも目覚めと言われています。

晩年は再び具象画の世界へと常に自己変革をし続け、非常に多彩な画風で多くの作品を残されました。

自由で力強い作風は、現代でも大変人気があります。 高く買います。

須田剋太の作品なら、ぜひお問い合わせください。

須田剋太の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名須田剋太
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×