小出楢重

こいでならしげ
洋画家 1887(明治20) - 1931(昭和6)

昭和40年、東京美術学校に入学、日本画科で学ぶ。白馬会で長原孝太郎に木炭画を学び、同年西洋画科に転科。大正 8年から二科展に出品し、翌年二科会会友となる。大正10年、渡仏。帰国後は、以前の暗く重い色調を払拭して流麗な筆致へと変貌をとげる。大正13年には信濃橋洋画研究所を設立するなど、関西洋画壇の指導者的役割を果たした。

小出楢重「裸婦」
小出楢重「裸婦」
小出楢重作品の所定鑑定人・鑑定機関
 小出楢重の会
小出楢重の作品例一覧
小出楢重の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名小出楢重
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×