浮田克躬

うきたかつみ
洋画家 1930(昭和5) - 1989(平成元)

幼少より絵を好み、昭和17年(1944)小林萬吾に師事。 20年、東京美術学校油画科に入学、安井曾太郎教室に在籍、25年卒業。新制作派協会第4回展に初入選。29年第16回一水会展に「教会」が入選。32年第13回日展に「山手の路地」が初入選。 34年、第20回一水会展で「場末の河」他が安井奨励賞、第1回新日展で「丘の工場」が特選を受賞。 42年よりしばしば渡欧、第10回新日展で「サンマルタン水路」が2度目の特選。 61年 「城砦の島」(前年第17回日展出品)により第4回宮本三郎記念賞受賞。 63年改組第20回日展で「海風の館」が内閣総理大臣賞を受賞。 東京で歿、享年59歳。 日展評議員、一水会常任委員、ブラジル芸術協会名誉会員、日伯美術連盟理事。

浮田克躬
浮田克躬
浮田克躬作品の所定鑑定人・鑑定機関
 浮田和枝
浮田克躬の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名浮田克躬
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×