高島野十郎

たかしまやじゅうろう
洋画家 1890(明治23) - 1975(昭和50)

福岡県久留米市の酒造業を営む資産家の四男として生まれる。 東京帝国大学農学部水産学科を主席で卒業。将来を嘱望されながら画家の道を選ぶ。 独学で作風を創り出し、一貫して写実を追求する。

高島野十郎「蝋燭」
高島野十郎「蝋燭」
高島野十郎作品の査定のポイント

高島野十郎は、近年展覧会やテレビ番組でさかんに取り上げられたこともあり、人気の高い作家です。弊社でも高島野十郎作品に関するご相談が多いのですが、人気ゆえに贋作も多く見受けられ、鑑定書の偽物も出回っていることも高島野十郎の買取で悩ましい点です。明らかな贋作はプロが見ればすぐわかりますので、ぜひご相談下さい。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。高島野十郎は静物画を多く描きました。「蠟燭の画家」とも呼ばれるように、暗闇を照らす一本の蠟燭を描いたシリーズが特に人気です。

【出来栄え】Q:制作年代は評価に影響しますか?
高島野十郎は生前はあまり評価されず、その作品を何かのお礼に人にあげることも多かったと言われています。死後評価されて研究が少しずつ進んで来ました。今の所、どの時代の評価が高いと言うことは特に言えないでしょう。野十郎の絵は静謐ながらとても深みのある作風ですが、その趣きが深いものにより高い評価ができると言えばいいでしょうか。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?
ご所蔵の方の多くが直接野十郎から受け取っているケースが多いので、この場合は当然鑑定証などありません。まずは拝見いたします。
一方で、彼の輪評価が少しずつ高まる過程で、残念なことに贋物が世の中に少なからず出回るようになって来ました。見るからに偽物とわかるものもありますが、非常に紛らわしい巧妙に造られた贋物もありますのでご注意下さい。

高島野十郎の相続について

秋華洞では、高島野十郎作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

高島野十郎の査定は秋華洞にお任せください

高島野十郎の作品は、以前ほとんど評価がなかった関係もあり、状態の悪いまま保管されているケースが多いです。作品のきちんとした維持管理のためにも、一度早めにご相談いただければと願っております。近年とみに評価が高まって来ているので、かなりの高評価になる場合も少なくありません。

ご所蔵の高島野十郎作品がございましたら、是非ご相談ください。

高島野十郎の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名高島野十郎
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×