西村龍介

にしむらりゅうすけ
洋画家 1920(大正9) - 2005(平成17)

山口県小野田市に生まれる。日本美術学校卒業と同時に出征、約5年後に復員した後、二科展への出品をはじめる。フランスはじめヨーロッパ各地の“森と水に囲まれた古城”を描き続け、明快な構図と淡い色調から成る静謐な風景は詩情に溢れ、日本画と洋画を融合させた独自の画風を生んだ。特待賞・金賞等、二科展での高評価に加え、東郷青児賞や内閣総理大臣賞、芸術選奨文部大臣賞等も受賞。

西村龍介「城」
西村龍介「城」
西村龍介作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
西村龍介の作品例一覧
西村龍介の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名西村龍介
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×