朝井閑右衛門

あさいかんえもん
洋画家 1901(明治34) - 1983(昭和58)

本名は浅井實。広島県立広島商業学校中退。大正8年上京。本郷洋画研究所に学ぶ。大正15年二科展に初入選。昭和9年光風会、帝展に入選。11年文展鑑査展で「丘の上」が文部大臣賞受賞。戦後は大河内信敬 川端実 須田剋太らと新樹会を結成し、精力的に出品。25年には日展審査員となるが出品せず、同年光風会からも離れた。27年より 日本国際美術展や現代日本美術展に出品。 37年 国際形象展同人。油彩を塗り重ね、色彩豊かな独創的作風を展開、常にに画壇の第一線で活躍しながら画集もなく、個展もほとんど開かなかった特異な野人画家として知られる。

朝井閑右衛門「薔薇之図マジョリカ壺」
朝井閑右衛門「薔薇之図マジョリカ壺」
朝井閑右衛門作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 日動画廊
朝井閑右衛門の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名朝井閑右衛門
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×