熊谷守一

くまがいもりかず
洋画家 1880(明治13) - 1977(昭和52)

岐阜県恵那郡付知村に生まれる。1900年、東京美術学校に入学。卒業後、樺太調査隊に参加しスケッチを行ったり、実母の死後6年間は帰郷してきこり同然の生活を送る。才能を惜しむ友人の勧めで上京、以後二科展に毎年出品する。1922年結婚し、二男三女をもうけたが、貧困の中次男・三女そして長女も失う。戦後、二紀会結成と同時に会員となる。文化勲章授賞が内定したとき、「これ以上人が来ては困る」と辞退し、勲三等叙勲も辞退する。初期には暗渋な色彩だったが、表現主義的な時期を経て、赤鉛筆による独特の強い輪郭線を残しつつ、色面を強調した抽象度の高い独自のスタイルを確立した。

熊谷守一「白猫」
熊谷守一「白猫」
熊谷守一作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
 熊谷守一水墨淡彩画鑑定登録会
熊谷守一の作品例一覧
熊谷守一の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名熊谷守一
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×